前にも書いたように、私は胸が小さいことで本当に悩んでいました。ずっと彼氏が出来なかったのもそのせいだと思っていたんです。今まで知り合った男性はみんな巨乳が好きだったし、実際にエッチした男性も私の胸を見てみんなガッカリしていました。胸が全てじゃないとは言うものの、やっぱり胸が大きいほうがいいに決まってる。だから私みたいな貧乳には彼氏が出来ないんだって思っていたんです。

 

でも出会い系サイトを使ってみて、その概念が完全に消えました。男性は全員巨乳が好きだと思っていたけど、それとは逆に巨乳が嫌いという男性も多くいることが分かりました。むしろ貧乳じゃないと興奮しないという方までいるほどです。私の彼氏もその一人でした。おっぱいは好きだけど大きくちゃダメ、小さいおっぱいが好きなんだって何度も言ってくれましたから。

 

自分のおっぱいの好みを恋愛する前に伝えてくるなんて実社会ではありえません。でも出会い系サイトの中だとそういう事も正直に伝えることができちゃうから不思議です。それに貧乳フェチの人がこんなにたくさんいるなんて今まで思ってもみませんでした。今まではコンプレックスだったのに、出会い系サイトの中ではまるでアイドルのような存在になれるんです。

 

私が今素敵な彼氏と付き合えるようになったのも、彼氏が貧乳フェチだったからです。もし私が巨乳だったら今の彼氏と付き合う事はなかったと思います。今は胸が小さいことを誇りに思います。

 

もしも私と同じように、何か体にコンプレックスを持っている人がいるとしたら、是非出会い系サイトを使ってほしいと思います。恋愛が成就するだけじゃなく、自分のコンプレックスも克服することができるから。人の好みは本当に人それぞれ。きっと自分のコンプレックスまでも愛してくれる人が見つかるはずです。